■トリマーの就職事情



   トリマーは、人間の理美容の世界と似て、実力主義の
   風潮が強いようです。実力があれば、独立したり、フリー
   になって働くことも可能です。当然、給料も実力次第
   で変わってくることもあります。ショップや動物病院に
   就職する場合、給料の目安としては、月給で15万程度
   が一般的でしょう。

   トリマーを募集する側からすれば、犬好きであると同時に、
   コミュニケーション能力がある人、どんな犬でも抵抗なく
   接することが出来る人、などを求めるようですが、やはり、
   ある程度の経験、スキルを持った人が一番求められるようです。

   ショップなどにより多少差異はあります。給料が高くても、
   労働時間が長かったり、休日が少な買ったりするケースも
   あります。修行の期間は、給料がほんのわずかというところ
   も少なくないようです。ここらも理美容師の世界と一緒の
   ようです。将来、独立を考えているのでなら、初めの給料
   が多少安くても、技術の習得のために、腕のいいスタッフ
   がいるショップに就職したほうがのちに有利になるでしょう。

   トリマーとしてショップなどで修行を積んだ後、独立を
   考える人も多いでしょう。ペットの美容室を開業するのには、
   必要な届出はとくに必要はありません。(ただし、生体を
   販売したり、ペットホテルを開業する場合は、動物取扱業の
   届出が義務付けられています。)美容室を開業する場合、
   店舗を持つタイプと出張専門など店舗を持たないタイプに
   分けられます。設備としては、トリミング台、シンク、
   ドライヤーなどのトリミングセットが必要になります。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな就職先がある?-1-
  ★ どんな就職先がある?-2-
  ★ トリマーの昔と今
  ★ スクール選びのコツ-1-
  ★ スクール選びのコツ-2-
  ★ 一流になるために
  ★ 就職事情を考える