■一流のトリマーとは



   トリミングの学校では、定期的に競技会が行われ、
   お互いの技術を競い合ったりもしています。こうした
   ものは、主に専門学校や団体が主催して行われています。
   JKC(ジャパン・ケンネル・クラブ)主催の競技会だと、
   予選を勝ち抜いた学生やプロ、合わせて200人が技術を

   一頭を二時間で仕上げ審査員が審査します。ドッグショー
   のスタイルでトリミングを行います。美容師の業界と同じく、
   観客を呼んだエンターテイメントとしても盛り上がりを
   見せる競技会となっています。こうした競技会に積極的に
   参加し、腕を磨くのもよいかもしれません。

   ドッグショーで活躍したり、競技会で優勝するなどすれば
   地名度も高まります。ドッグショーでは、決まった形で
   トリミングを行いますが、普段のトリミングでは流行を
   取り入れたスタイルの方が人気があります。そのためには、
   トリマーとしては、日々のトレーニングとアンテナの高さ
   が必要となります。

   一流のトリマーと呼ばれるようになるにはこうしたスキル
   を身につけていると同時に、流行に敏感で、最新の流行を
   取り入れ、お客を満足させることが出来ること。また、
   どのような犬でも、おとなしくさせて、丁寧に、短い時間
   でトリミングを仕上げることが出来ること。こうした
   ところが、一流のトリマーと呼ばれる条件でしょう。
   

■本サイト人気コンテンツ

  ★ どんな就職先がある?-1-
  ★ どんな就職先がある?-2-
  ★ トリマーの昔と今
  ★ スクール選びのコツ-1-
  ★ スクール選びのコツ-2-
  ★ 一流になるために
  ★ 就職事情を考える